]

金融/投資系の副業で稼ぐためのポイント

公開日: 

現在副業を考える人は多いと思います。伸び悩みの月給はもはや横ばいであれば御の字ということもありえます。今年はボーナスがでるのか、カットされるのかも直前まで分かりませんし、景気の良かった時代にローンを持ち、ポーナス払いを選ばれていた方には非常に痛手です。副業を考える人も多くなってきた時代です。企業も残業をやめる傾向にあり夜の時間を充実させたいと思い空いた時間で副業を考える方も多いです。わざわざ仕事場所にいかずともパソコンがあれば、今ですとスマホがあれば簡単に仕事になるからです。

副業で人気は労働型の時間をかける収入形態ではなく、お金がお金を作る投資型です。ではその投資にはどういう種類があり、稼ぐためにはどのような点を押さえておけばよいのかなどポイントを柳内和幸がご紹介します。

◇投資の種類

モニターの写真

金融系の投資の種類は、FX・株式・不動産・投資信託・債券・純金資産などがあります。それぞれに特性がありどれが稼ぎやすいなどと一概に決めることはできません。
まずは自分自身が目標を決めましょう。毎月稼ぐことのできる金額を設定してもすぐにその金額に到達するわけではありません。

◇短期的に収入を得ようと思ったら

まず、短期的に収入を得ようという考えは持たない方がいいです。しかし時間が空いていて投資に使う時間が取りやすい方は比較的短期的な収入も可能です。

FXは外国為替証拠金取引といいます。外国の通貨を売買してその差益を儲けとする方法です。取引の額も少額から始めることができます。日々の通貨の値動きで損益を出す方法ですので、うまくいけば短期間で稼ぐことは可能です。しかしFXはギャンブル性が高いとも言われ、つい損を取り戻そうと先走るようなこともあります。柳内和幸的には冷静に判断できる能力ができる方に向いていると思います。安定した収入形態ではありませんので良い時も悪い時もあります。リスクヘッジを忘れないようにしてください。
 
株式投資もFXと同じように短期も可能です。日々の値動きに応じて売買を行うことでデイトレーダのような稼ぎ方が可能です。市場の流行や世界の動きをよく知ると次にどの株がくるのかということは読みやすいかもしれません。これもFXと同じく安定した収入はありませんので初期の頃は信用取引などのようにリスクの大きな買い方より現物取引をお勧めします。

◇長期での運用を考えたら選ぶ投資

株式投資は短期でも長期でも可能です。気に入った株を長期的に保有しつつ、優待や配当をもらう方法です。
投資信託は本業を持つ忙しい方には向いています。資産運用のプロのファンドマネージャーが運用先を都度変更して利益を生みその分配金が利益になります。値動きは毎日していますが、あまり細かく気にする必要はなくお任せすることができます。市場の動きと関係はありますが敏感に値動きするものではありませんのでしばらく塩漬けにしておいてもそうそう響くようなものではありません。とてもお得なようですが元本の保証はありませんし、大きな分配金が続いている時はじつは元本が根割れしていたということもありますので営業担当者に定期的に相談されておくのが良いでしょう。

純金投資は地味にお勧めです。1ヶ月に1万円ずつ金を購入するなど少額から始めることができます。金は景気に左右することがありませんし、今は根が上がっているところです。投資のリスクヘッジとして投資費用の数パーセントを回しておくのもいいかもしれません。

◇大きく稼ぐ投資

どの投資も大きく稼ぐことも可能です。初期投資をかければ稼ぐ額も大きくなりますが損失時には大きな痛手となることも忘れないようにしてください。じっくり大きく稼ぐには不動産投資が向いています。マンションを1室や棟単位で買いそれを貸したり、古いマンションの1室をキレイにリフォームして高く売ったりします。賃貸にする場合には住む人がいる限り収入は入りますので、購入した支払いに充てることもできます。初期費用がかけられる人には良い投資案件です。管理は管理会社に任せたり、次の住人を探す時は保証会社に任せたりと、費用があればそれだけ楽になります。

物件は単に買えば良いのではなく、単身者用なら駅から近いかやコンビニや深夜に空いているスーパーが近くにあるかなどを考慮、古いマンションでも水周りの修繕が終わっているところを選ぶなど工夫が必要です。

◇継続することが大切

投資にはプラスもあればマイナスもあります。マイナスが出たからといってすぐに手を引くのはもったいないです。FXや株式で一度損切りをしたとしてもその後の動きをよく見ておきましょう。経済には波があります。その波は大きく変動することはありません。大きく変動する時は社会に何か大きな事件が起こった時です。そのような時期に当たってしまったのは仕方のないことですが、普段の波を知っていくことも大切です。不動産は現在の人気の土地はA市だったとしても周りの環境によって数年後には人気が他に移っているかもしれません。何事も継続的に続けているといつしか勘が働く時がきます。その時からが本当の投資の始まりだと思ってください。プラスマイナスがゼロの時期から少しずつプラスを増やすことができるかもしれません。以上、柳内和幸がご紹介しました。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 運営者情報

    プロフィール写真
    弁護士。新卒で会社に就職後、半年で退職。弁護士になるために、3年間アルバイト傍ら一日10時間の勉強、司法試験一発合格で弁護士になる。
  • カテゴリー

  • メタ情報

PAGE TOP ↑