]

代行の副業で稼ぐためのポイント

公開日:  最終更新日:2016/10/23

お小遣いが欲しいから・生活費を稼ぐため・暇な時間を活用したいから、など人それぞれの理由で副業する人が増えています。特別な資格や能力を必要とする仕事もありますが、特技がなくてもできるお仕事があります。その1つが代行ビジネスです。

代行ビジネスとは普通であればできるができない状況の時に頼んだり、面倒なので人に頼んだりといったケースがニーズです。ですので、生活の中で空いている時間があれば仕事をすることができます。さらにネットやスマホの普及により依頼者と仕事をしたい人のマッチングがさらに簡単に可能になったことでビジネスは大幅に増えました。
とはいえ、代行ビジネスでも稼ぐポイントがあります。柳内和幸のこの記事を読んでより稼げる代行ビジネスを目指してください。

◇窓口を持つこと

ホームページ作成の画像

当然のことですが依頼者が望んでいることを「私が仕事を受けます」と掲げることが第一歩です。昔であれば近所のスーパーの掲示板であったり、新聞の投稿欄であったりでしょうか。今はネットで検索したり、依頼したりすることが多いので、ネット上に自分の情報をあげましょう。

あげ方は大きく2通り。仲介サービスに登録するか、自分でサイトを立ち上げて運営するかです。仲介サービスに登録する方法は自分のプロフィールやできる仕事・時間を登録するだけです。依頼者を募ることやマッチングは仲介サービスが行ってくれます。また決済は仲介サービスを通じて行われ報酬が支払われる場合がほとんどですので金銭トラブルがなくストレスはありません。

自分でサイトを立ち上げる場合、最初はサイトの構築や集客対策など初期にかかる手間は多いですが、仲介サービスに仲介手数料を取られることはありません。費用はサーバー費とドメイン代くらいですので1回の注文でペイできる程度です。SEO対策をしっかり行っていれば注文も入りやすく、リピーターにつながり安定収入が見込めます。最初は仲介サービスへ登録し、仕事のコツが掴めたら後者を目指しましょう。

◇代行ビジネスの内容を決める

自分でサイトを立ち上げる際には絶対に必要ですし、仲介サービスに登録する場合も考えをまとめておく必要はありますので、自分ができるまたはできそうなビジネスは書き出しておきましょう。参考になりそうな代行ビジネスをいくつかリストアップしてみました。

・買い物代行:海外へ買い付けや雑誌に出て売り切れの洋服を探すなどの買い付け。住んでいる立地や生活スタイルがビジネスになります。
・お墓まいり代行:遠隔地にある、身体的に参れないといったニーズがあります。掃除をオプションとしている場合はビフォーアフターの写真を撮ることが必要です。
・家事代行:大手企業が占めているので個人での参入は難しいです。地域自治体を通じて地域で認知してもらうのが良いでしょう。
・運転代行:自分の車を運転してもらいたいというニーズです。代行業者は2名必要です。警察の認可がいります。
・プラモデル作成代行:依頼者が苦手とする塗装や改造などを求められることが多いです。ネットを通じて出来栄えが拡散されれば依頼が増える可能性もあります。
・場所取り代行:花見や花火大会など早くから確保したい場所を取ります。行列に並ぶこともあります。仕事中に特別することはありませんので時間がある方に向いています。
柳内和幸がいくつかピックアップしただけでも意外な代行ビジネスがあります。こんなことが仕事になるの?と疑問になることがビジネスになるのが代行ビジネスです。自分でできそうなことはいくつかあったはずです。

◇SEO対策

ひと昔前なら広告により集客をしていましたが、今はネットで集客が多いので広告を出すよりもSEO対策をしっかりしましょう。SEO対策がしっかりしていれば広告を打たずとも集客につながります。SEOはGoogleやYahooなどの検索サイトで上位検索キーワードを中心に盛り込むことからスタートします。閲覧頻度が高いことも検索上位に上がりますのでTwitterやFaceBookなどSNSを活用して認知度を高めアクセス数を上げることも意識しましょう。

◇顧客の信用を得る

代行ビジネスは利用者からの声をダイレクトに聞くことができます。仲介サービスを利用していても依頼者が満足度を書き込むケースがほとんどですのでそこから確認することができます。直接お礼を言われるのは嬉しいものです。次へのモチベーションアップにつながります。利用者が満足すればリピート客となる確率は高いです。サイト上に「利用者の声」ページを作り、利用者に書いてもらうよう促しページを充実させましょう。サービスへの信頼性が高まります。

リピーターが増えてくればリピーター用の特別プランを用意すると良いでしょう。新規顧客の拡大も重要ですが、既存顧客の取り込みは安定収入へと繋がります。サイトには電話番号を記載すると利用者の安心感が増し、依頼へ繋がりやすくなります。電話番号の記載が不安であれば転送電話サービスを活用されるのもよいでしょう。料金は原則「前払い制」にしましょう。前払いで料金をいただくのですから仕事は確実に丁寧に行いましょう。それが次への依頼へとつながるので重要なことだと柳内和幸は思います。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 運営者情報

    プロフィール写真
    弁護士。新卒で会社に就職後、半年で退職。弁護士になるために、3年間アルバイト傍ら一日10時間の勉強、司法試験一発合格で弁護士になる。
  • カテゴリー

  • メタ情報

PAGE TOP ↑