]

代行の副業をご紹介

公開日:  最終更新日:2016/10/24

世の中には自分でできるようなことができない人や、やりたくない人が意外と多いものです。そこに目をつけたお仕事が「代行業」です。代行業の中にはとても珍しいものもあり、買い物代行の中でも雑誌に載っていた人気の服を買う代行業などというのもあり、そういう珍しい代行業は別として、一般的な代行業は誰でもできるようなことを代わりにやる仕事が多いです。

面倒なのでやらないということもあるので代行する作業は手間のかかることではあるかもしれませんが、空いた時間を使って作業をしてお金を稼ぐことができるとなれば面倒さ加減はまた別というところでしょうか。特別な資格や能力などをあまり必要としない代行業はサラリーマンを中心に人気があります。どのような代行業があるのか柳内和幸がご紹介します。

◇男性に向いた代行業

場所取り代行

男性ができる代行業の代表は運転代行です。早い時間に終電がなくなる郊外や、都心の繁華街などで金曜や土曜日の夜に呼ばれることが多いです。代行業には通常2人1組で行います。一緒に仕事をする人を探す必要があります。免許証の種別は1種の免許で行うことができますので、わざわざ2種の免許を取得しに行かなくてもできます。お客様は概ね酔っ払った方になるので絡まれるなど煩わしいこともありますので、柳内和幸的には絡まれにくいような受け答えは身につけておかれるのがよいでしょう。似たようなお仕事でレンタカー回収もあります。乗り捨てタイプのレンタカーを現地まで取りに行き指定の場所へ返却します。

お花見の場所取り代行などもあります。お花見や花火大会、子供の運動会、列の順番待ちなどあります。その場にいるだけで何もしません。ですので、その時間を、本を読んだり音楽を聴いたりしている時間として使うこともできます。休日前や深夜早朝が多いお仕事です。
 

◇女性に向いた代行業

子育て経験済みの主婦でしたらベビーシッターや家事代行ができます。ベビーシッターは近年質の悪い仲介業者が問題を起こすなど扱いにくいお仕事になりつつありますので保育士の免許など持たれている方が望ましいです。ベビーシッターでなくても都心を中心に運営されているファミリーサポートの資格をとりお仕事されることも柳内和幸はお勧めです。単価は安いですが地域でのサポートになりますのでお互い住まいなどがわかっているだけに相手の素性がわかり安心してお仕事に取り組めます。家事代行は掃除・炊事・洗濯などを受け持ちます。全部でなくとも得意分野だけ行うことも可能です。幼稚園入園時に必要なバッグなどの手作りをかわりにうけもつソーイング代行もあります。裁縫が得意な方にとってはありがたいお仕事です。

通信教育の添削も空いた時間を使って行いやすいです。教科や学年を絞れるだけでなく、英語なら英作文なのか文法なのかなど得意な分野を選んで添削を行うことができます。教員免許を持っているが育休中に仕事をしたいという方は企業も求めていますのでお仕事をもらいやすいです。空いた時間でできるので赤ちゃんいても時間をとりやすいです。

◇高齢者向けの代行業が増えています

超高齢化社会ですので高齢者の方への代行業が増えています。買い物の代行、電球の交換、ゴミ捨てなどこれらは全て細かく単価を決めてお仕事をしている仲介業もあります。庭の植木の剪定などは庭師の資格があると高くなるので、伸びた葉を刈り取る程度の内容などが誰でも行うことができます。ペットの散歩代行業も流行りです。動物が好きな方にはたまらない副業です。時間も1時間程度ですので朝の空いた時間を散歩がてらお仕事の時間にすることも可能です。
墓参り代行は気軽に行くことができなくなった高齢者の方の依頼もありますが、遠方に転勤になった方や海外にお住いの方からの依頼もあります。件数も増えています。

◇今はやりの空き部屋レンタル

海外から旅行に来られた方に空いている部屋を貸し出すAirbnbというウェブサービスが人気球場しています。借り手と貸し手のマッチングを簡単に行ってくれます。貸し出し料金や空室状況をサイト上で簡単に登録でき、決済はAirbnbを介して行われるのでトラブルが少なくてすみます。仲介料は決済時に差し引かれます。貸し手も借り手も顔写真付きの実名登録をしているので女性でも安心して参加できます。

現在では非常に需要の大きな市場で空き部屋や空き屋を持っている人にはとても儲かる副業です。しかしAirbnbのビジネスモデルは現在のところ旅行法でまだちゃんとした法律が確立されていません。今後どのような方向に向かっていくのかは決まっていませんので継続が確定されているお仕事ではありません。あくまでも今の副業として考えておくのが良いと思われます。

代行業は自分でも立ち上げやすいお仕事です。人が苦手とすることで自分が得意と思うことが仕事になります。そんなことは得意分野でもなんでもなく生活そのものですということでも、他の人にはそれが必要となりそれが副業となる場合があります。アイデア次第でお仕事は広がりますので自分の生活スタイルを今一度考えてみるのもいいと柳内和幸は思います。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 運営者情報

    プロフィール写真
    弁護士。新卒で会社に就職後、半年で退職。弁護士になるために、3年間アルバイト傍ら一日10時間の勉強、司法試験一発合格で弁護士になる。
  • カテゴリー

  • メタ情報

PAGE TOP ↑