]

頭脳派!!パズル作家

公開日: 

こんにちは!柳内和幸です
今回も、珍しい副業シリーズ行きたいと思います!!今日は「パズル作家」です。
「パズル作家」って聞いただけで、ちょっとワクワクしません??
あまり聞かないというか、あなたの周りに、パズル作家をやっている人はいますか??って聞くとほとんどの人がいないと思います。
今日はそんなパズル作家について、柳内和幸がご紹介していきたいと思います。

パズル作家とは??

クロスワードの写真

まずパズル作家とは何でしょうか??
まず、パズルといわれて思い浮かぶものは大きく分けて二つあります。一つめは三次元パズルです!ジグゾーパズルやブロックを組み合わせて立方体にするものや、図形パズルや立体パズルのことを言います。
もうひとつは、二次元の紙面のパズル!
クロスワード、ナンクロ、そういったものも、すべてパズルに入ります

本屋さんに行けば必ずといっていいほど、パズルコーナーがありませんか??コンビニでも、クロスワードなどのパズルの本がだいたい置いてありますよね。
パズルはそれだけ需要があるということになります。
しかし、あふれるほどのパズルに対して、パズル作家はどうやら不足しているようです。

実際に仕事内容は??

売っているパズル誌のほとんどが、読者からの投稿だということをご存知ですか?
クロスワードパズルは、コンピュータープログラムでは作成不可能なため、人の頭脳で考えるしかないのです。
そのため、一般の人が考えて投稿しているのです。
採用されると、原稿料をもらえるシステムになっています。

実際にやる事は単純で、パズルを作るのみです。
いきなり作るのはもちろん無理がありますが、クロスワードにはまった人などが、解くことに慣れてくると作れるようになってきます。
今では、雑誌やインターネットでも、パズルの作り方が載っているために、それを参考にするとスムーズに作ることが出来ます。

作ったパズルを応募する

次に作ったパズルを応募します。大抵のパズル雑誌は、作品を応募しています。
探して応募してみましょう!
出来たものの中からいくつか応募することをおススメします。はじめは、掲載されなかったりすることもあります。出来が微妙なものはもちろん掲載されません。

初めて掲載されたら、その時からあなたの、パズル作家はスタートで。
はじめは一件からスタートですが、何度も応募します。
そのうちに継続的に掲載されるようになってくると、雑誌側から、正式依頼されるようになります。
地道に作品を送るのが一番の近道です!!どの雑誌でも、いきなり採用!というのはあまりないようです。
正式依頼され、採用されたら立派なパズル作家です!

気になる報酬は??

ピンキリですが、一件につき数千円~1万円くらいです。難易度や出来によっては一件2万円もらえるときもあるみたいです。
認められて採用されると、このパズルをご自由に作ってください、だったり、この作品でお願いします!と依頼が来ることもあります。
これだと質が求められ、なかなか難しいものになりますが、それだけ報酬も上がります。
稼ぐ人だと、月に20万など稼ぐ人もいるそうです。

暇な時間を使ってできるため、主婦にも大人気だそう!
また、学生にも、脳が鍛えられると話題をよんでいるみたいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか??パズル作家は誰でもできるわけではなさそうですね。
いろいろ調べていても、なかなかパズルを作るのは難しいという意見も多くありました。普段から、パズルが好きで、たくさん解いている人などには、解く立場から作る立場に視点が変わって、逆に楽しいという意見も多くありました。
でも、空き時間に自由にできるという点と、脳トレになることから、幅広い人に人気の理由がわかりますね。
以上、柳内和幸がパズル作家についてご紹介しました!!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 運営者情報

    プロフィール写真
    弁護士。新卒で会社に就職後、半年で退職。弁護士になるために、3年間アルバイト傍ら一日10時間の勉強、司法試験一発合格で弁護士になる。
  • カテゴリー

  • メタ情報

PAGE TOP ↑